ホーム > 技術情報 > 架空送電設備の劣化診断

架空送電設備の劣化診断

鋼管鉄塔内面調査

 鋼管鉄塔の内面の腐食については、外観検査では判らないため、鋼管の中に点検用カメラを入れて点検します。また、その結果、精密調査を要する箇所について超音波測定器を用いて、腐食状況の診断をしています。

鋼管鉄塔内面調査概要図

鋼管内面点検カメラ 【(株)九建製】
鋼管内面点検カメラの写真

超音波測定器 【日本鉄塔工業(株)製】
超音波測定器の写真


電線の腐食劣化調査

画像解析による電線腐食調査 [(株)ジェイ・パワーシステムズと共同実施]

 電線は腐食が進むと、腐食生成物が充満し外径が増加します。当社は地上から高倍率スコープとハイビジョンビデオカメラで電線を撮影し、画像解析により腐食箇所を高精度に見つけ出しています。
 これまでに電線の腐食だけでなく各種の異常も発見しています。

現地での電線撮影
撮影状況写真
電線腐食部の事例
電線腐食部拡大写真
  • 現地では、安全な場所から高倍率スコープでビデオ撮影
  • 撮影後に、画像解析により詳細調査をしますので、現地では発見できない小さな外径の増加や腐食の兆候、電線の異常も発見できます。

撤去設備の劣化診断試験

 鉄塔、基礎、電線、がいし、金具など、架空送電設備の劣化診断試験・寿命推定を実施しています。
 また収集した劣化データにより、地域別、環境別の腐食・劣化傾向を分析します。
 腐食マップと関連付けることにより、将来の設備改修計画が効率的に策定できます。

より線引張試験
より線引張試験の様子

お問合せ:
九州電技開発株式会社
架空保全技術部
TEL:092-533-5186

ページトップ