ホーム > 技術情報 > 腐食マップの作成

腐食マップの作成

 架空送電線の腐食の主要因は、「海塩粒子」、「SO2汚損量」、「ぬれ時間」とされていますが、四方を海に囲まれ、また湿度の高い日本の送電線では、「海塩粒子」と「ぬれ時間」の影響が大きいと考えられています。
 当社では、気流シミュレーション技術を応用して「海塩粒子拡散マップ」を独自に開発し、GIS上でマップ化しています。また「ぬれ時間」についても、気象官署や送電線での温度・湿度の観測データを解析して、精度の高い「ぬれ時間マップ」を作成しています。
 2つのマップから得られたデータと、撤去電線の劣化診断から得られた腐食速度との相関を分析すれば、電線の腐食速度に対する「海塩粒子」と「ぬれ時間」のそれぞれの影響度が想定できます。
 想定した「海塩粒子」と「ぬれ時間」の影響度を合成することで、「電線腐食マップ」となり、最終的には電線の寿命マップとすることも可能で、設備更新計画が効率的に策定できます。

腐食マップ解説図

引用文献:
立木、石田ほか「各種の要因を考慮した碍子ピン腐食予測」平成19年電気学会 電力・エネルギー部門大会220

お問合せ:
九州電技開発株式会社
架空保全技術部
TEL:092-533-5186

ページトップ