ホーム > 技術情報 > 地中送電線調査設計 > 電力用長距離推進設計実績

地中送電線調査設計

電力用長距離推進設計実績

 当社は,送電線並びに配電線の調査・測量・設計から施工管理までの一貫した技術コンサルタントを行っています。
 下記に電力用長距離推進設計の実績を紹介します。現在まで電力用推進設備(九州電力)の実績は,亘長約550mであった。平成16年度に計画した九大分岐線(今宿前原線bQ5鉄塔〜九大元岡SS)は,亘長6.2kmを全線地中管路工事での計画である。地中線ルートには,鉄道・河川等の特殊横断箇所があり,推進による施工は4箇所,総推進延長は約1.5kmとなった。特に,bPMH〜bQMHにおいては,
(1)重要横断箇所(JR筑肥線,国道202号)や多数の既設埋設物を通過すること。
(2)No.2MH側は狭隘な道路であり,周辺は多数の住宅があること。

等から,当社でも最長となる約660mの区間を推進工事の計画を行った。

九大分岐線における推進箇所一覧表
区間 推進長 管呼び径 管路材 土質 工法 重要横断物件 特記事項
No.1〜2MH 660m φ1200 φ125X13孔 礫混じり砂 泥濃式 JR、国道ほか  
No.5〜6MH 436m φ1000 φ125X7孔 礫混じり砂 泥濃式 下水、雨水  
No.8〜9MH 269m φ1000 φ125X7孔 礫混じり砂 泥濃式 河川  
No.11〜12MH 142m φ1200 φ125X7孔 礫混じり砂 泥濃式 河川、下水 急曲線25R

1.概要

 計画ルート内は住宅が密集しており中間立坑設置に伴う工事用地確保が困難なため,長距離推進にて施工することが必要となった。当該地の電力用推進ルートは,公共道路に沿った形状での線形となることから,水平曲がりが5箇所となる。また,縦断曲がりは,発進及び到達立坑を浅くしコスト削減を行い,道路内に埋設されている構造物に影響ない推進深度を確保する必要があることから4箇所となり,計9箇所の複合曲線となった。推進深度(縦断図参照)の決定は,ルートの400m付近に存在する下水ヒューム管(φ800mm)と並走した形で下部を横断することから,それに影響を与えない土被りを確保する必要があった。このため,水平曲がりが存在する区間においては,その部分の縦断線形を直線線形として検討した結果,JR筑肥線付近で最大土被りが9.3mとなった。

推進長 管呼び径 管路材 土質 工法 最大土被り
660m φ1200 φ125X13孔 礫混じり砂及び固結粘土の互層 泥濃式 903m

平面図

縦断図

2.推進工法の選定

 当推進工法として,土質に礫が含まれていることから泥水式は排泥面から適用は好ましくないと判断した。また,JR軌道下を横断することから地盤変状を抑制でき,切羽及びテールボイド(余堀り)部の安定性に優れ,管外周抵抗値が小さく低推力を実現できる泥濃式推進工法を選定した。
  今回の長距離推進に伴う工法選定にあたっては,(1)元押推進力の制限(600tf) (2)推進中の地盤の安定確保 (3)複合曲線での推進精度の維持等を重点的に検討した結果,長距離推進及び曲線推進の実績が多い泥濃式掘進機テールボイド拡幅再構築装置(TailVoid Restructuring System以下TRS装置という。)を適用した推進工法を採用した。
 TRS装置の概要は,推進するヒューム管の途中(150m間隔程度)にTRS装置をセットし,推進途中で劣化したテールボイドを再構築するために,排土板を外周面に突き出し,ヒューム管と既設のテールボイドの隙間に泥水材を注入し新しいテールボイドを構築する装置である。


泥濃式推進機

TRS装置(取付状況)

TRS装置の概要図

 今回,テールボイド再構築装置採用による長距離推進工法を採用したことでコスト低減が実現でき,また環境面への影響を最小限に抑制できた。


推進機発進前

推進機到達
線路名 受注先 呼び径(内 径) 亘長 備考
66kV
ダイヤモンドシティ
粕屋分岐線
九電 福岡支店 φ1200 320m 急曲線R=30,40
66kV
九大分岐線
九電 福岡支店 φ1200 660m 長距離,複合曲線
66kV
九大分岐線
九電 福岡支店 φ1200 142m 急曲線R=255%勾配
66kV
戸畑旭硝子線
九電 北九州支店 φ1000 223m 急曲線R=2510%勾配,礫対応
66kV
戸畑旭硝子線
九電 北九州支店 φ1000 83m 急曲線R=4025%勾配,岩盤対応
66kV
門司原町線
九電 北九州支店 φ800 170m 急曲線R=15
66kV
本山地区管路先行工事
九電 熊本支店 φ1000 548m 長距離
66kV
鍋島分岐線
九電 宮崎支店 φ1100 315m 複合曲線
66kV
鹿児島帖佐線
九電 鹿児島支店 φ1200 525m 長距離,4.9%勾配,無水層
66kV
太平橋分岐線
九電 鹿児島支店 φ1100 102m 急曲線R=40

お問合せ:
九州電技開発株式会社
地中送電技術部 土木調査設計グループ
TEL:092-533-5180

ページトップ