ホーム > 技術情報 > 地中送電線調査設計 > 電力用シールド並びに立坑設計実績

地中送電線調査設計

電力用シールド並びに立坑設計実績

 地中技術部は,電力輸送設備の地中線建設に伴う調査・測量〜設計を実施しています。
福岡市内・久留米市内への大規模地中送電線建設は,シールド洞道が主体であります。
 電力用シールド洞道は,仕上がり内径φ2.2m〜4.0mの設計実績があります。

シールド設計の実績表
工事件名
(発注者)
シールド内径 亘長 シールド工法 セグメント形式
220kv
中央南福岡線
(九州電力殿)
3.0m 1.30km 解放型半機械式
(圧気工法)
RCセグメント
(2次覆工有り)
220kv
西福岡赤坂線
(九州電力殿)
4.0m
3.0m
1.54km
5.31km
岩盤対応型
泥水加圧式
シールド工法
RCセグメント
(2次覆工有り)
220kv
久留米分岐線
(九州電力殿)
3.0m 1.93km 土圧式
シールド工法
RCセグメント
(2次覆工省略)
132kv
那覇幹線
(沖電設計殿)
2.5m 1.01km 泥土圧式
シールド工法
(複合地盤対応)
STセグメント
(2次覆工有り)
132kv
吉の浦火力線
(沖電設計殿)
2.5m 0.66km 泥土圧式
シールド工法
合成セグメント
(2次覆工省略)

地中線設計グループのシールド洞道設計面での特徴は,

  1. シールド洞道の中間にケーブル接続用の拡幅部が必要である。従来は,中間立坑を地上から掘削していた。弊社では,接続部拡幅工法として,NATMを駆使して内部から切り広げる工法に取り組み,コスト低減に寄与しました。
  2. 久留米の発進立坑は,床付けがGL−23mと深い。地盤は砂礫でありボイリング等の懸念があった。土留め・締切り設計では,連続壁工法を用いて,土留め壁の本体利用を計画することで,コストを縮減した。また,円形立坑を採用することで,支保工材を少なくし,かつ施工性が向上した。
  3. シールド掘削外径を縮小する為,2次覆工を省略するに当たり,セグメント高とシール材の選定,並びに継ぎ手形状の検討を実施している。

電力用シールド並びに立坑設計実績詳細


お問合せ:
九州電技開発株式会社
地中送電技術部 土木調査設計グループ
TEL:092-533-5180

ページトップ