地中送電線調査設計

電力用シールド並びに立坑設計実績

トンネル工事概要

項目 概要
工法 密閉型土圧式シールド工法(気泡シールド)
区間 発進立杭(接続所)〜到達立杭
掘進長 1,937m
深度 GL−12〜23m
最小施工半径 R=40m
勾配 0.2〜2.55%
内径 Φ3.0m(一般部) Φ2.8m(急曲線部)
セグメント 直線部:RCセグメント(桁高225mm、幅1200mm)
曲線部:STセグメント(桁高150mm、幅500、1000mm)

※RCセグメントの一部(300リング)において海外(韓国)製を使用。

シールドマシン外観

久留米分岐線シールドマシン
Φ3590mm(気泡)式F−NAVIシールド

<< 電力用シールド並びに立坑設計実績トップへ 次へ >>

お問合せ:
九州電技開発株式会社
地中送電技術部 地中設計グループ
TEL:092-533-5180

ページトップ