ホーム > 再生可能エネルギー

再生可能エネルギー

お問合せ: 地域インフラ技術部 開発設計グループ
TEL:092-533-5179
newenergy@dengi.co.jp

 地球温暖化防止のために、環境負荷の少ないクリーンな再生可能エネルギー導入をお手伝いします。
 未来の子供たちに、安全で美しい地球環境を残すことが九州電技開発の役目です。

再エネ・バイオマス利用計画策定風力発電バイオマス利活用

再生可能エネルギーとは・・・

 再生可能エネルギーは、法律(※)で下記のように規定されております。

「エネルギー源として永続的に利用することができると認められるもの」
太陽光 風力 水力 地熱 太陽熱 大気中の熱その他の自然界に存する熱 バイオマス


 再生可能エネルギーは、資源が枯渇せず繰り返し使え、発電時や熱利用時に二酸化炭素をほとんど排出させない等、地球温暖化防止に貢献する優れた自然エネルギーです。石油等に代わるクリーンなエネルギーとして注目されています。

 (※)エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律

 九州電技開発では地域に根ざした再生可能エネルギー利活用の可能性を調査・分析し、導入から事業化までをお手伝いいたします。

供給サイドの再生可能エネルギー 需要サイドの再生可能エネルギー
・発電
風力発電
バイオマス発電
太陽光発電
廃棄物発電

・熱利用
バイオマス熱利用
太陽熱利用
廃棄物熱利用
雪氷熱利用

・燃料製造
バイオマス燃料製造
廃棄物燃料製造

クリーンエネルギー自動車
天然ガス コージェネレーション
燃料電池

イメージ

再生化のエネルギーの導入の意義

 我が国におけるエネルギーの供給のうち、石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料がその8割以上を占めており、そのほとんどを海外に依存しています。一方、近年、新興国の経済発展などを背景として、世界的にエネルギーの需要が増大しており、また、化石燃料の市場価格が乱高下するなど、エネルギー市場が不安定化しています。加えて、化石燃料の利用に伴って発生する温室効果ガスを削減することが重要な課題となっています。
 このような状況の中、エネルギーを安定的かつ適切に供給するためには、資源の枯渇のおそれが少なく、環境への負荷が少ない太陽光やバイオマスといった再生可能エネルギーの導入を一層進めることが必要です。
 また、再生可能エネルギーの導入拡大により、環境関連産業の育成や雇用の創出といった経済対策としての効果も期待されます。

(出典:資源エネルギー庁 HPより)


九州電技開発の取り組み

  • 風力発電所の適地選定、風況解析、各種調査、設計などトータルコンサルティングを承ります。
  • 弊社でも風力発電事業を目指して風力発電フィールドテストを実施中です!
  • バイオマス資源の利活用に関して、大学での研修やヨーロッパのバイオガスプラント視察等からの知見を活用し、先進技術を取り入れたコンサルティングを行ないます。
  • 再生可能エネルギー導入にあたっての各種申請手続きから、事業開始後のアフターサービスまでをサポートします。
ページトップ