電技だより

電技だよりトップ
第45号
  • 技術ガイド
ホーム > 電技だより > 第45号 まさ土分布域での敷地保全実証試験

第45号 2010年/10月号

まさ土分布域での敷地保全実証試験

花崗岩分布図 九州北部には、花崗岩が広く分布します。花崗岩は風化すると「まさ土」と呼ばれる土砂になります。このまさ土は、流水や雨撃によって浸食されやすいという、構造物にとっては有り難くない特徴があります。
 このため、花崗岩分布域の鉄塔敷地は、浸食被害が多発し、敷地の保全に苦慮しています。
 そこで、浸食に強い敷地保全対策を検証するため、実証試験を行いました。試験は最新の斜面保護工の中から、適性が見込めて施工が容易な工法を選定しました。

 試験は、平成20年10月から平成22年6月までの1年8ヶ月間、500kV鉄塔の敷地内で実施しました。
 当敷地は、雨撃によって敷地が裸地化(植生が付かず、地表面が露出)しており、敷地内斜面に流水浸食跡があります。それらの箇所を対象に耐侵食試験、耐雨撃試験、生育試験を行いました。

実証試験位置図

 浸食試験は、ジオウエッブの中詰を、砕石・ザッソレス・自然土・固化土に変えて実施しました。耐雨撃試験はジオウエッブの中詰に砕石・ザッソレスを入れたものと、ザッソレスのみのものを実施、生育試験はザッソレスと郷土種散布シートを直接施工しました。(位置図参照)

実証試験で用いた工法および資材
工事区分 資材名 特性
補強土工 ジオウェッブ
<立体ジオセル格子>
・ハニカム構造で表層土の移動を防止
・フレキシブルで切断・結合が容易
・軽量・コンパクト
固化土
<土系舗装用固化剤>
・有害な重金属を含まない
・そのまま埋戻土として再利用可
植生工 ザッソレス
<省管理雑草制御型芝草>
・草タケ15cm程度(草刈り不要)
・雑草侵入制御
郷土種導入資材 ・佐賀県の郷土種を用いた植生シート

 試験の結果、雨撃に強いのは、砕石→ザッソレスの順です。流水浸食に強いのは、固化土=砕石→ザッソレスの順です。自然土は土砂の半分が流出しました。生育試験は、ザッソレスは良好でしたが、郷土種はやや不良です。

結果写真1.【耐雨撃試験】 結果写真2.【耐浸食試験-1】
結果写真3.【耐浸食試験-2】 結果写真4.【生育試験】

最近10年間の降水量グラフ

 良好な結果を得ましたので、敷地への適用を提案していく考えです。また、同様に浸食に弱いしらす地域でも対策に利用できると予想されるため、実証試験を行いたいと思います。

(環境調査部 八嶋)

ページトップ